スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名状しがたい悲鳴のようなもの

2012年06月12日 00:00

悲鳴伝読み終わったぜ。
最終的な感想は微妙…だったかなぁ。
なんか中途半端な所で終わった感じ。
後は語り部がいないって所かな。

ただやっぱ文章は素晴らしい。
最終章の「早く殺さないと―」云々の
言い回しは流石としか言いようがない。
西尾維新風に言うと『整合性のとれた矛盾』的な。

あと目次だけ読み返して思ったのが
章タイトルはかなりヒーロー物っぽいけど
読んでみると内容はかなりえげつねぇっすね…。


コメント

  1. らくいち | URL | -

    Re: 名状しがたい悲鳴のようなもの

    まぁ、空々君と剣藤さんの話としてはちゃんと終わったと言うことで。
    世界観はあれだけ練っているのに、その辺はあまり語らないというのは西尾維新ではよくある事。

    そろそろ1回でも大阪戻ってこれれば、次の本貸せるんだがなぁ。

  2. good-sun | URL | SFo5/nok

    Re: 名状しがたい悲鳴のようなもの

    あー、化物で言う所の春休みって感じかな。なるほど。

    次は何貸してもらおうかなぁ。
    順当に行けば化物語かー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kingyo01.blog61.fc2.com/tb.php/420-66fad9c0
この記事へのトラックバック

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。